ヨミコミ!

漫画のレビューしてます。青年漫画、BLが中心。成年漫画やアニメ感想なども。

三文未来の家庭訪問 庄司創 レビュー



何回も読み直してやっと噛み砕けた。

SF的な設定が飲み込みづらく、一読しただけではストーリーまで把握しきれず。
でも、一度理解できたらストーリーはラブストーリーだったりボーイミーツガールだったので、楽しめました。
ただこの理解度に達するまで何回読んだことか。読解力なさすぎ(笑)

現代、ちょっと未来、古代という時代設定のSF短編集が収録されている本作。
一話ずつレビューします。

辺獄にて
システム管理された地獄にて、苦痛のサンプルが欲しい異星人に連れ回されるお話。
……話の大部分はそうですが、時折挟まれる回想などから現実世界での主人公の想いが垣間見え
そして感動的なラスト。
「千年の牢獄から 君のおかげで 戻って来れた」っちゅーモノローグが泣かせますね。
地獄のくだりはけっこうグロテスクな描写もあり。ここの設定を理解するのに何回読んだことか(まだ言う)。

三文未来の家庭訪問
表題作。作者のデビュー作。表紙のふたりが出てきます。
「産む男」として生きる男の子と、周りから浮いてる女の子のお話。
「産む男」とか宗教団体とかの設定こそものものしい雰囲気ですが、人と人が分かり合うにはどうしたら? 家族との問題は?……などテーマは普遍的。
「産む男」のくだりを理解するまでに何回読んだことか(まだまだ言う)。

パンサラッサ連れ行く
古代生物の擬人化もの。個人的に一番好きなお話です。
異種族のかれらがとある災難に見舞われたのち新たな土地を見つける、という。
最後のシーンが良いですな。
これが古代生物の話だと気付くまでに何回読んだことか(しつこく言う)。


SF設定がたくさん出てくるのでなかなか読みづらい類のお話ではないかと思うのですが、
三話通して思うのは「分かり合えないことが前提の他者とどう関わっていくのか?」というのが描かれているんじゃないかと。
完璧に分かり合えなくても少しずつ関わろう、と模索するキャラクターたちが愛しく感じられます。

ほのぼのした絵柄ですがエグイ描写を生理的に気持ち悪く描くので、苦手な方はそこだけ注意。

うーん、SF的な下地が私にないだけなのかもしれません……再読しても分からんところは分からんし……。
でも一冊で長い事楽しめます(笑)。

では。


<庄司創の他の記事>
★最近読んだ本 レビュー★

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dy804.blog16.fc2.com/tb.php/442-516b137a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad