ヨミコミ!

漫画のレビューしてます。青年漫画、BLが中心。成年漫画やアニメ感想なども。

全員、片思い 僕と レビュー



ついに……ついに……岸虎次郎がBL界に降臨したよ!! バンザーイ

本作は、男子高校生の切なかったりエロかったりな思いを切り取った連作短編集。

『裸眼と眼鏡』『あの手この手』は相手のパーツに惹かれて、気持ちに気付く?というほんのりしたお話。
伝えたいけれど伝えられないもどかしさ、苦しさ、臆病だけどカワイイ男子高校生を描く『ともだちの部屋』『僕と』
セクシャリティと自分の気持ちの板挟みで葛藤する『おとこのこ』『slightly dizzy』
気持ちは伝えたけれど、待っていたのは紛う事無き現実だった『きみに好きだと言わない』


読後感はビターなものが多いですが、岸虎次郎の巧みな心理描写と画力でどんどん引きこまれる。

個人的に衝撃的だったのは『おとこのこ』。
キャラクターはよくある「女装子」……カワイイ系男子が女装するというものなんですが、顛末があまりにも現実的。
今までこうした視点で切り取った話はないんじゃなかろうか。
男はあくまでも男。……こうした描写に説得力を持たせられるのは、岸虎次郎の画力によってのみ成功したと言えるでしょう。
連作の中でも一、二を争うくらいに苦いお話ですが、必見。

片思いシリーズの他にも『染まる』という短編が収録されています。
これは男子中学生かな? まだ発育途中の体を描くのもうまいよなーほんと。
乳首がきれいなピンク色をしているのが悩みの主人公が、クールな同級生に呼び出され…というお話。
シンプルな展開ですが、どんどんといけない事にハマっていくエロさがたまりません。
名前を呼び捨てにする、というさりげない変化が二人の関係性をはっきり表わしていて、これはBL漫画として素直に萌えながら(またはムラムラしながら)読めます。

そして描き下ろしまで堪能した後、カバー下を見るのも忘れずに。


あんまりにも片思いばっかりなので、途中「誰かくっついてくれよ~!」と思ってしまったのは内緒。
でも、岸虎次郎の本領はこういう切ない・苦しい心理描写において発揮されるので「ア゛~……」と苦しみつつ読みました(笑)。


とにもかくにも、
「珠玉の」という言葉はこの作品のためにあるでしょう。
最高の短編集です。オススメ。

では。



<岸虎次郎のレビューはこちら>
★i.d.一巻 レビュー★

★マルスのキス レビュー★

★オトメの帝国 1巻 レビュー★

★オトメの帝国 2巻 レビュー★

★オトメの帝国 3巻 レビュー★

★オトメの帝国 4,5巻 レビュー★

★オトメの帝国 6巻 レビュー★

★オトメの帝国 7巻 レビュー★

★冗談だよ、バカだな レビュー★

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dy804.blog16.fc2.com/tb.php/440-409eb15c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad