ヨミコミ!

漫画のレビューしてます。青年漫画、BLが中心。成年漫画やアニメ感想なども。

丸尾末広 瓶詰の地獄 レビュー

瓶詰の地獄 (ビームコミックス)瓶詰の地獄 (ビームコミックス)
(2012/06/25)
丸尾末広

商品詳細を見る


「瓶詰の地獄」 丸尾末広 レビューです。

久しぶりに丸尾末広読んだな。

前読んだのがアレだったので、なんかこの本はちゃんと漫画として、というか読み物として読める…という感じでした。笑

夢野久作原作の『瓶詰の地獄』コミカライズ、「聖アントワーヌの誘惑」という絵画を漫画に組み込んだ短編、落語『黄金餅』を漫画化した作品のほか、「かわいそうな姉」という短編が収録されています。

「聖~」、「黄金餅」、「かわいそうな姉」はあんまり読むところがないというか、描いていることが全てという感じだったので、やっぱり表題作の「瓶詰の地獄」がダントツに面白かったです。絵と話がこれ以上ないくらいピッタリはまっているという印象でした。

無人島に漂着した兄妹が送った(とみられる)手紙の内容を解き明かすこの話。
不穏な幕開けからはじまり、つぎはアダムとイブよろしく陽光みなぎる楽園での楽しい生活を描き、兄妹が無垢な子供から成熟した大人になり、それに伴ってお互いがお互いの「性」を意識するようになる生々しい過程をとらえ、ただの兄妹ではなくなっていくおそろしさ、あからさまになってゆく男女の性をグロテスクにとらえた独特の描写が連続し、そして奇妙な幕引きを迎えます。

兄妹の心境が風景とリンクして怒涛のように迫る描写は圧倒的で、引き込まれます。

一番目の瓶の内容「救いの船」が兄妹にとって怖いものということは、助けはいらなかった、という事なのか?罪を犯してしまったふたりは、外界に触れてしまうのが恐ろしかった?……でも作者が提示しているように、三番目の瓶が発見されたから船が来たわけで、それだと三番目の瓶が一番目の瓶と「同時に」発見されたのはおかしいよね。

うーむ。 謎を放り込んで締めているのが、奇妙な読後感を際立たせてます。


私は…54ページのお兄さまの絵が大好きですことよ。なんてエロいんだこの絵は……。w


絵が端正で描き込みがスゴイ。そして端正ゆえにリアル。
一回読んだらお腹いっぱいになるからぶっ続けで読めない。なので一つの話を読んで、間になにかべつの本を読んで、って読み方がオススメ。笑

では。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dy804.blog16.fc2.com/tb.php/390-a609965f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad