ヨミコミ!

漫画のレビューしてます。青年漫画、BLが中心。成年漫画やアニメ感想なども。

駕籠真太郎 ハーレムエンド レビュー

ハーレムエンドハーレムエンド
(2012/06/02)
駕籠真太郎

商品詳細を見る


注※ この作品は表紙詐欺です。

駕籠真太郎 『ハーレムエンド』 レビューです。

表題作の他、美少女探偵シリーズが3編、『消しゴム』『ネ申ラーメン』という短編が収録されています。

表題作の『ハーレムエンド』は、
ある青年が、大学生活スタート直後から、可愛い女子5人につぎつぎと言い寄られ、奇妙なハーレム生活を送ることに…というところから始まるこのお話。まるで萌えアニメのような、あからさまなキャラクターの女子5人。うーむ怪しい…と思ってたらやっぱりね。

駕籠真太郎の漫画を読む醍醐味の一つとして、「ページをめくると予想だにしない展開が待っている」というのがありますが、一話めでやられました。これはスゴイ。

あんまり書くと驚きが半減してしまうのですが、ざっくり説明すると、この5人娘がある組織と血を血で洗うバトルを繰り広げる…という話です。
その描写もやはり上手い。痛そうな表現を描くのはやはりお家芸というか。

この娘たちもある組織も、きがくるっているのはお互い様なので、そのバトルもなかなかエグイ。特に「ホムンクルス」という漫画に着想を得た拷問がいちばんキツかったです。

ポップな表紙に騙されてはいけません。
臓物・死体・血しぶき・痛い表現がペガサス昇天マックスメガ盛り(古)なので、グロが苦手な方は注意してください。

今回は描き下ろし長編なので、短編のような急転直下な展開はなく、かなりじっくりと読ませてくれます。単行本自体もズッシリ厚みがあり、読み応え満点。

一度、カタルシスタイムがあった上でのさらに捻ったオチ。ここに着地すると誰が予想できただろう。さすが駕籠真太郎!!

そのほかの短編はブラックユーモア系です。
美少女探偵シリーズ』は完全なるおバカ系。
消しゴム』は消しゴムの使用が全面的に禁止された女子高生のお話。変な世界観と、極端な方向に突っ走った後のトボけたオチが面白い。
ネ申ラーメン』はオチがちょっと読めちゃったけど、バカバカしいことを真剣に行ってるキャラたちが最高でした。


では。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dy804.blog16.fc2.com/tb.php/389-65ed4690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad