ヨミコミ!

漫画のレビューしてます。青年漫画、BLが中心。成年漫画やアニメ感想なども。

その伏線はいらないんじゃね?‐『バットマン三部作』を観た。

バットマン ビギンズ [Blu-ray]バットマン ビギンズ [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る
ダークナイト [Blu-ray]ダークナイト [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る
ダークナイト ライジング [Blu-ray]ダークナイト ライジング [Blu-ray]
(2013/06/26)
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る


クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベール主演でリメイクされた『バットマン』の三部作を観終わった。

私自身とくにバットマンに思い入れもなく、正直『ダークナイト』を観たくて(ジョーカー目当て)、しかしいきなり2を観るよりその前後も観る必要があるかな、というスタンスだった。

観終わってみて、2だけでもいいかな……とまず思った。
いや、それは言い過ぎか。2だけだとバットマンがいきなり登場したヒーローみたいになるから(それでもいい人はいいんだろうけど)、バットマンがなぜここまで悪人退治にこだわるのか、ゴッサムシティを命を賭して守る意味、バットマンになるまでの決意やら親の遺産を湯水のように使って最新スーツを造るある意味すがすがしいところとか(笑)、を観たほうが2をより楽しめるので、『1と2だけでいい』としておこう。

1はかなーり手堅いつくり。幼少時代からバットマンになって街を守るところまでを、ドカドカ爆発!!カーアクション!!ステゴロファイト!!ってな感じで描く。描写が丁寧なので少し間延びするところもある。しかし、主人公の立ち位置を確認するための入門としてわかりやすい。ここまでキッチリマニュアルっぽく作らなくてもいいんじゃないかと思ったが、長く続くバットマンシリーズの再構築としては、優しいつくりになっている。

そして2。マニュアルをぶち壊すある仕掛けを投入し、新境地を見せてくれた。その仕掛けはもちろん「ジョーカー」という悪役。キャラ立ちが半端じゃない。バットマンより人気なんじゃないか。少なくとも私は大好きだ!w
ストーリー運びとしてはシンプルで、ジョーカーをぶちのめす。という一つに尽きるのだが、このジョーカーがゴッサムシティを縦横無尽にちょろちょろしてはあっちで爆発、こっちで爆発、とやらかして、バットマンにもかなりのショックを与え続ける、という稀代の悪役っぷりを見せてくれる。そして悪役自身も崇高な目的があるわけでもなく、そのさまは子供が跳ね回ってはしゃいでるよう。ゴッサムシティを危機に陥れる理由も、バットマンに構ってもらいたいから。バットマンに共通点を感じ、バットマンも悪も似ているんだ、と示してバットマンの信念を揺るがせる。
うむ、ジョーカー素敵。2のラストも超カッコイイ。ひらめくマント、うなるバイク、光と闇……。

さて3で完結だ……。

3は正直、蛇足感が否めなかった。
原点に帰ったようで、1のような定型なつくり。「主人公の活躍→破滅・挫折→立ち直る/前よりパワーアップ→敵をやっつける」、この流れをキッチリなぞっている。今回は峰不二子ポジションのセクシーキャットも登場。華ももたせつつさあ大団円だ……と思いきや、ミョーに残るこの違和感。

いらん伏線ありすぎじゃね?

たとえばヒロインと思ってたけどヒロインじゃなかった女性(名前忘れたw)。脱獄したのは私だった、っていう伏線を明かすシーンも予想がついてたし。マスクしたむくつけき男の幼少期があんなキャワユイ子供なわけあるか!!
まだまだあります、執事が主人公にバットマンをやめてほしいことをほのめかすシーン。「街に平和が訪れて、あなたは普通の人間に戻り、奥様がいて子供がいて、私はその様子を夕日が差すテラスで見ていたい云々(詳細はしらん)」というシーンがあって、ここは執事が主人公をどれだけ大切に思っているかが分かる良いシーンなのだが、この台詞がラストで実現する……ってところは良かったけど、なんだかとってつけたような伏線の回収シーンだった。「あ、そーいや執事こんなセリフいってたわ、このシーンつけとこ」みたいな。いやもちろんそうじゃないだろうけど。

そして、キャラの使い方が適当。それはバットマンに対しても然り。3はキャラクターが増えたというのもあって、話が散らばっている感じはあった。それをラストにうまく収束してくれるのかと思いきや、けっこう適当に片付けちゃった(笑)。
とくに顕著だったのが執事。1から主人公のそばに控え、尽くし、バットマン誕生の手助けもし、ときには苦言を呈し、ときには優しく見守る主人公のもっとも近い存在だった「はずの」執事……。中盤で主人公と衝突し、役目を解かれて主人公の前から姿を消す。私は思った。ぼろぼろになるバットマンを、壊滅するゴッサムシティを見て思った。「主人公がピンチのとき『ぼっちゃま、だから言ったのに』と現れる」と……。
そして次に出てきたのは主人公の墓の前。「あれ?」
ゴッサムシティが二か月間無政府化したってのに、お前はいったいどこにいたんだ!! 1から出てきてたってのに、上手い結末用意できなかったんかい!!

なんで主人公生きてんだよとかは言いません、なんてったって主人公だもんな。核爆弾爆発したのになんで生きてんだよ、とかは……。映画だしな。

バットマンと女性たちの恋愛もやっつけ感満載。キャットウーマンとくっつくのはアリなんだろうけど、あんだけ愛した女性がいたわりにアッサリしてんな、もっとひきずれよ!!と思った。2ではヒロインの喪失によって安全神話がぶっ壊れるというところがポイントで、そんな「核」の扱いだったはず……。だよね?さすが御曹司は違う……のか?庶民にはわかりませんわ。

……まあ要するに執事ラブだったからおざなりにされて悲しいんだよ!!(笑)



すこし、哀しい想いを抱えながら観終わった三部作だった。




では。
次のページ

FC2Ad