ヨミコミ!

漫画のレビューしてます。青年漫画、BLが中心。成年漫画やアニメ感想なども。

ヒナまつり 1~2巻 レビュー

ヒナまつり 1 (ビームコミックス)ヒナまつり 1 (ビームコミックス)
(2011/07/15)
大武 政夫

商品詳細を見る


ヒナまつり 2 (ビームコミックス)ヒナまつり 2 (ビームコミックス)
(2011/11/15)
大武政夫

商品詳細を見る



何この…世話係みたいな感じ……。


芦川組の若手ホープ・新田の部屋に落ちてきた奇妙な楕円形の物体。それが全ての始まりだった!
物体のなかにいたのは、無表情な少女・ヒナ。強力な念動力で新田を脅し、ヒナは新田家に住みつくことに。
かくしてヤクザとサイキック少女の危険な共同生活が始まった!


表紙の雰囲気から「何か一癖二癖ありそうだな…」と思わせ、読んで納得。

この作品の根底にあるゆるさと、何とも言えない「間」にハマります。


1巻で印象的だったのは第三話『授業参観は突然に』。銀行強盗とヤクザを交えて、教室で討論しているシーンが面白すぎる。新田の「貸したお金は返して欲しいです」というセリフも最高。

2巻で爆笑だったのは、ヒナを抹殺しに現れたサイキック少女・アンズと、ヒナの念動力対決。ヒロインにあれほどの表情をさせる漫画を今まで見たことありません(笑)。


最初は自由奔放で、情緒が欠落しているヒナですが、新田のために掃除したりと成長が見られます。新田も何だかんだ良い人なんですよね。



これからの展開にも期待。


では。

次のページ

FC2Ad