ヨミコミ!

漫画のレビューしてます。青年漫画、BLが中心。成年漫画やアニメ感想なども。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月喰ウ蟲 レビュー

月喰ウ蟲月喰ウ蟲
(1999/04)
大越 孝太郎

商品詳細を見る


ガロ系作家、大越孝太郎の初単行本です。

これは改訂版で、ホントの初版は91年発行だそうです。

作風として共通しているのが「猟奇的」ということです。エログロや変態行為の描写もありますが、そのどれも猟奇性をベースとして作られている印象です。

絵は非常にうまい!!なので、猟奇シーンもものすごくリアルです。人によっては嫌悪感を抱く恐れもあると思います。

ほとんどの話が、凝った画面構成と独特な世界観のため、内容が頭に入ってきません(笑)。2,3回読みなおしてやっと大筋が理解できるかな…といった感じ。

特に表題作『月喰ウ蟲』が、初見では意味不明でした…。

単行本の中で繰り返し登場する「垂紅介」という人物。作品によっては女性だったり男性だったりと不思議なキャラクターです。解説でも「紅介は男なのか女なのか」と疑問視されています。
私が思うに、「垂紅介」は一つの記号にすぎず、一定のプロフィールを持った人物を主人公に当てはめているだけなのではないかと。つまり、性別はその物語に即したものであればどちらでもいい訳で、「垂紅介」は形を自在に変える、スターシステムの人物なのではないでしょうか。

深読みしなければ、「作者の気が変わっただけじゃないか」とも取れますが…。


また、画集の側面も持った本だと思います。一コマ一コマが緻密に描き込まれているので、眺めるだけでもとても楽しめます。特に『肉と限界』の見開きは圧巻。


では。

スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。