ヨミコミ!

漫画のレビューしてます。青年漫画、BLが中心。成年漫画やアニメ感想なども。

ガルパン映画観てきた記

観てきたよ~

ガールズ&パンツァー 劇場版


いや~ド迫力でアニメだということを忘れるくらいでした。興奮。

胸熱な共闘もあり、大満足~。

知波単の生真面目なアホさも良かったな(笑)。

あ~やっぱ最高だった!! 水島努は間違いない!!


では。

その伏線はいらないんじゃね?‐『バットマン三部作』を観た。

バットマン ビギンズ [Blu-ray]バットマン ビギンズ [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る
ダークナイト [Blu-ray]ダークナイト [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る
ダークナイト ライジング [Blu-ray]ダークナイト ライジング [Blu-ray]
(2013/06/26)
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る


クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベール主演でリメイクされた『バットマン』の三部作を観終わった。

私自身とくにバットマンに思い入れもなく、正直『ダークナイト』を観たくて(ジョーカー目当て)、しかしいきなり2を観るよりその前後も観る必要があるかな、というスタンスだった。

観終わってみて、2だけでもいいかな……とまず思った。
いや、それは言い過ぎか。2だけだとバットマンがいきなり登場したヒーローみたいになるから(それでもいい人はいいんだろうけど)、バットマンがなぜここまで悪人退治にこだわるのか、ゴッサムシティを命を賭して守る意味、バットマンになるまでの決意やら親の遺産を湯水のように使って最新スーツを造るある意味すがすがしいところとか(笑)、を観たほうが2をより楽しめるので、『1と2だけでいい』としておこう。

1はかなーり手堅いつくり。幼少時代からバットマンになって街を守るところまでを、ドカドカ爆発!!カーアクション!!ステゴロファイト!!ってな感じで描く。描写が丁寧なので少し間延びするところもある。しかし、主人公の立ち位置を確認するための入門としてわかりやすい。ここまでキッチリマニュアルっぽく作らなくてもいいんじゃないかと思ったが、長く続くバットマンシリーズの再構築としては、優しいつくりになっている。

そして2。マニュアルをぶち壊すある仕掛けを投入し、新境地を見せてくれた。その仕掛けはもちろん「ジョーカー」という悪役。キャラ立ちが半端じゃない。バットマンより人気なんじゃないか。少なくとも私は大好きだ!w
ストーリー運びとしてはシンプルで、ジョーカーをぶちのめす。という一つに尽きるのだが、このジョーカーがゴッサムシティを縦横無尽にちょろちょろしてはあっちで爆発、こっちで爆発、とやらかして、バットマンにもかなりのショックを与え続ける、という稀代の悪役っぷりを見せてくれる。そして悪役自身も崇高な目的があるわけでもなく、そのさまは子供が跳ね回ってはしゃいでるよう。ゴッサムシティを危機に陥れる理由も、バットマンに構ってもらいたいから。バットマンに共通点を感じ、バットマンも悪も似ているんだ、と示してバットマンの信念を揺るがせる。
うむ、ジョーカー素敵。2のラストも超カッコイイ。ひらめくマント、うなるバイク、光と闇……。

さて3で完結だ……。

3は正直、蛇足感が否めなかった。
原点に帰ったようで、1のような定型なつくり。「主人公の活躍→破滅・挫折→立ち直る/前よりパワーアップ→敵をやっつける」、この流れをキッチリなぞっている。今回は峰不二子ポジションのセクシーキャットも登場。華ももたせつつさあ大団円だ……と思いきや、ミョーに残るこの違和感。

いらん伏線ありすぎじゃね?

たとえばヒロインと思ってたけどヒロインじゃなかった女性(名前忘れたw)。脱獄したのは私だった、っていう伏線を明かすシーンも予想がついてたし。マスクしたむくつけき男の幼少期があんなキャワユイ子供なわけあるか!!
まだまだあります、執事が主人公にバットマンをやめてほしいことをほのめかすシーン。「街に平和が訪れて、あなたは普通の人間に戻り、奥様がいて子供がいて、私はその様子を夕日が差すテラスで見ていたい云々(詳細はしらん)」というシーンがあって、ここは執事が主人公をどれだけ大切に思っているかが分かる良いシーンなのだが、この台詞がラストで実現する……ってところは良かったけど、なんだかとってつけたような伏線の回収シーンだった。「あ、そーいや執事こんなセリフいってたわ、このシーンつけとこ」みたいな。いやもちろんそうじゃないだろうけど。

そして、キャラの使い方が適当。それはバットマンに対しても然り。3はキャラクターが増えたというのもあって、話が散らばっている感じはあった。それをラストにうまく収束してくれるのかと思いきや、けっこう適当に片付けちゃった(笑)。
とくに顕著だったのが執事。1から主人公のそばに控え、尽くし、バットマン誕生の手助けもし、ときには苦言を呈し、ときには優しく見守る主人公のもっとも近い存在だった「はずの」執事……。中盤で主人公と衝突し、役目を解かれて主人公の前から姿を消す。私は思った。ぼろぼろになるバットマンを、壊滅するゴッサムシティを見て思った。「主人公がピンチのとき『ぼっちゃま、だから言ったのに』と現れる」と……。
そして次に出てきたのは主人公の墓の前。「あれ?」
ゴッサムシティが二か月間無政府化したってのに、お前はいったいどこにいたんだ!! 1から出てきてたってのに、上手い結末用意できなかったんかい!!

なんで主人公生きてんだよとかは言いません、なんてったって主人公だもんな。核爆弾爆発したのになんで生きてんだよ、とかは……。映画だしな。

バットマンと女性たちの恋愛もやっつけ感満載。キャットウーマンとくっつくのはアリなんだろうけど、あんだけ愛した女性がいたわりにアッサリしてんな、もっとひきずれよ!!と思った。2ではヒロインの喪失によって安全神話がぶっ壊れるというところがポイントで、そんな「核」の扱いだったはず……。だよね?さすが御曹司は違う……のか?庶民にはわかりませんわ。

……まあ要するに執事ラブだったからおざなりにされて悲しいんだよ!!(笑)



すこし、哀しい想いを抱えながら観終わった三部作だった。




では。

観た映画 備忘録‐2

観た映画の備忘録。

サプライズ(アダム・ウィンガード/2013)
家の中に誰かがいる!!一人ずつ殺されていく恐怖。一体何が起こってるの?ってゆー家宅侵入ホラー映画。
彼氏のパパママの結婚記念日を祝うために主人公が彼氏のおうちにお邪魔して、長い事離れてた彼氏の兄弟、その恋人もぞくぞくと集合するのだけど、ここんちは兄弟仲があんまりよくない感じ。とくに長男がいけすかない感じなのだが、これがのちのちの伏線になってるとは。んで、殺人鬼たちが襲ってきて、フツーの学生だと思ってた主人公が立ち上がるのだが、この主人公もマッチョな秘密が。そして殺人鬼たちの秘密も中盤で明かされる。正直、中盤のネタばらしでドキドキ感は薄れてしまったんだけど、主人公が満身創痍で殺人鬼たちをボコボコにしていくさまが爽快なので、まあいいか。殺人鬼たちもキュートなお面にたがわず、ちょっと間抜けなとこがあってなんか可愛い。んで、ラストでまたもや忘れてたキャラの登場で一ひねり。最後まであの仕掛けがスカったなーと思ってたら、まさかあんな結末になるとは。
面白かった。グロさはそこまでないので(人間ミキサーが衝撃だったけど)、つよいおんなこが見たいならオススメできます。

悪魔を見た(キム・ジウン/2010)
婚約者を亡くした男の復讐劇。抑えた演出だけど出てくるやつらみんなキ印。んでエリートを地でいく主人公もどんどん邪悪になっていく。犯人がまー、悪いやつ。行くとこ行くとこで悪さばっかり。男は殺す、女は犯すのが当たり前だろ?みたいな。で、面白いのが、主人公は犯人を捕まえたと思ったら逃がす。ズタボロに傷つけて、お金渡したり手当てしたりして、逃がしてはまた捕まえて、捕まえてはまた逃がして。「いちばん苦しいところで殺してやる!」って。きっと主人公はショートケーキのイチゴを最後までとっておくタイプ。
そのせいで最悪な結末を招いてしまうのだけど……。復讐は果たすのだけど、達成感とかではなく、ただただ深い哀しみと、絶望だけが残るラスト。
殺人シーンはきもちわるい感じが非常によろしい。最後の生首はスゴイ!
あと、出てくる女の子がかわいい。個人的に、バス停でさらわれちまった女の人がかわゆかったです。

第9地区(ニール・ブロムカンプ/2010)
ある日、宇宙船が到来。宇宙人はみんなぼろぼろの状態で船にいたので、とりあえずキャンプつくってそこに住まわせてあげた。で、20年たっても宇宙人は帰らず、キャンプはスラム化して…っていう舞台のお話。
主人公が小悪人っぽくて、主人公と関わる宇宙人が頭脳明晰で冷静(たぶんイケメン)っていう逆転現象が面白い。というか皮肉?主人公はここぞという時には自分のことしか考えなくて、てめえら宇宙人のことなんか知るか!っつって行動していく。それは劇中でも蔑まれちゃう。まあでも、人間ってこんなもんだよな……。そんな主人公なので感情移入などせず、宇宙人サイドを応援してました。坊やかわいい。
結局モヤモヤが残るEDだったけど、続編で解消してくれることを期待。それにしても、なんで宇宙船のガソリン浴びて体が宇宙人化すんのかな?

観た映画 備忘録

ここ最近観た映画の感想の備忘録。

ランボー/ランボー 最後の戦場(テッド・コッチェフ/1982・シルヴェスター・スタローン/2008)
「ランボー」は、呑気なドンパチだなァ…とみてたけどそりゃそうだ。ベトナムで死線をくぐってきたランボーにとって、この田舎町での逃亡劇は鬼ごっこみたいなものなのだ。アクションよりも、田舎の警察のちっちゃな(でも本人にとっては大事な)プライドの滑稽さが面白かった。最後のランボーの長台詞は震えたー。
「最後の戦場」は打ってかわって肉片モリモリ飛びまくる映画。まあ…それだけじゃないけど。ほとんど個性を出さないまま血にまみれちゃった殺し屋たちをもーちょっと観たかったな。それにしても冒頭の村破壊シーンったら…。テンポ良すぎて楽しかったぞ。

戦場のピアニスト(ロマン・ポランスキー/2002)
うおお……これはすっごく面白かった。ホロコーストのヒドさを丹念に描いてる。車椅子のおじいちゃんを窓から投げ捨てて、ほら逃げないと撃つぞ!!っつって家族全員走らせて結局全員撃ち殺したり。楽しんでやってるだろアンタら!
そんなドイツ軍から逃げるしかない主人公。見つかったら頭パーンだもんな。台詞はほとんど小声で、終始ヒソヒソコソコソしている様子も巧い。そんな切羽詰まった状況でさらに追い打ちをかけられ、ヒーコラ逃げた先で出会った信じられない人物。でも決して友情など芽生えるわけなく。そんなどこまでも冷静な現実。

ハイテンション(アレクサンドル・アジャ/2003)
フランスホラー映画。ドキドキハラハラ、ずっと膝を抱えて、目をそらしたくなりながら鑑賞してた。
ミスリードがうまくて、衝撃の事実が明かされてビックリするんだけど、それじゃ終わらせない。最後の最後までハラハラして潔くエンドロール。あー面白かった。

レザボア・ドッグス(クエンティン・タランティーノ/1992)
冒頭の会話シーン→OPの流れがかっこよすぎてかっこよすぎて、真似する若者たちが蔓延したってのも納得。低予算映画らしく、ほとんど倉庫内のすったもんだのシーン多めで、劇というか舞台を観てる感覚になった。脚本もさることながら、俳優の演技でグイグイ見せる映画。

悪魔のいけにえ(トビー・フーパー/1974)
右も左もわからない山の中、わけもわからず追いかけられる恐怖。女の子がキャーキャー言いながら、武器もなく、ただ逃げるしかない。ドキドキシーンの連続で面白かった!
車椅子の男がなんか意味あんのかな?と思ってたけどアッサリ殺されてビックリ。
レザーフェイスが普通に家族の一員で(ふつうじゃないけど)、じい様を大事にしてる食卓のシーンはなんか笑えた。というか後半はけっこう笑えた。トンカチで頭を殴る、殴らないの所とか。終わり方も潔く、素晴らしい。

武器人間(リチャード・ラーフォースト/2013)
たのしいお化け屋敷系ホラー映画。武器と人間をくっつけちゃった!っていうのぶ代タンの予告動画に惹かれて見たら面白かった。POVっていうの?カメラ構えてる人がいて、そのカメラ視点で物語が進んでいく。武器人間の役に立たない感じが哀しいやらおかしいやら。狭いところなら数で勝負できるだろうけど、広いとこに出たら確実に意味ないよね。POV特有のブレがあって、見たいのに見づらい!ってもだもだするところもあった。グロ苦手な人は注意!の文句がデカデカとあったけど、グロはそうでもない感じ。脳みそのシーンとかはなんかホンワカしてたしね。「ちょっと多いか」…ってアンタ(笑)。
途中の捻りとか、人を食ったオチとか、タイトルのB級っぽさとはイメージが違う作りこみが好感触でした。
個人的に「モスキート」のビジュアルがツボすぎて、彼が出てくるシーンばっか何回も見た。モス君主役で続編が観たいなー。

FC2Ad