ヨミコミ!

漫画のレビューしてます。青年漫画、BLが中心。成年漫画やアニメ感想なども。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つべこべ言わず絶対読むべき! バトルスタディーズ1~7巻 なきぼくろ





今どの漫画よりも楽しみなのがこれ!!
高校野球を扱った漫画は数あれど、この漫画は文句なしに面白い。

ド派手な色づかいの表紙とオビの大仰な煽り文句につられて買ってみたらめちゃくちゃ当たりでした。

作者はかの有名なPL学園出身のもと甲子園球児だそうで、リアルです。
封建的ともいえる部の絶対的なルールや、造語、試合中の選手の内面、そしてファンの面々(追っかけとかいるんだねやっぱり)にいたるまで、名門校さながらのさまざまな要素が細かく描写されています。

しかし、リアルだからといってすべてありのまま描いているというわけではなく、ギャグのバランスもうまい。
重たくなりそうな場面も暗い気持ちにならず、シツコク描いてしまいたくなりそうなシーンやキャラクターもあえてサラッと流したり、ハズしがすごく上手い。
高校球児が描く高校野球漫画、といったらなんだか暗い話になりそうなところを、エンターテイメントとしてもきっちり成立させていて楽しく読めます。

私は金川春馬が好きすぎて……恋?って思ってますよ。なにあのツンデレ……デレは0.5くらいしかないけども。

全寮制ならではの、そこだけにしか通じない法律のようなものもたくさん描かれているので、ギムナジウム的なものに萌える人にもツボかもしれない。現に私がそうだ。

キャラ立ち、試合の面白さ、ストーリー、文句なしに最高です。
スポーツ漫画って長いから手を出しづらいよ!!って方も、まだこれなら7巻までしか出ていないし読みだしたらあっという間です。
今これを読まずしてなにを読む?

超!!おすすめ。


では。

スポンサーサイト

のりつけ雅春 オケラのつばさ 1巻 レビュー

オケラのつばさ 1 (ビッグコミックス)オケラのつばさ 1 (ビッグコミックス)
(2014/06/30)
のりつけ 雅春

商品詳細を見る


カネを使えば即死亡!?
セレブ×貧乏神ギャグ!!


親の遺産に物を言わせ、ヌルゲー人生を謳歌する桶川翼。
「世の中カネ」主義で怖いものナシの翼だが、突然現れた自称・神様に「命の次に大事なモノ」を奪われてしまい―!?


「アフロ田中」シリーズでおなじみの、のりつけ雅春の新連載。
期待を裏切らず、めちゃくちゃ面白いです!

金が使えないけれど、親の遺産のマンションとイケメン力によって、とりあえずなんとかなってしまう主人公。それにやきもきする神も神で、失敗したらまた輪廻転生をやり直さなければいけないという理由があるのでタダでは帰れない。この全然噛みあわないふたりの掛け合いが最高。

命の次に金が大事だけれど、金がないと命が危ない。という事態に巻き込まれ、次第に神様が丸め込まれそうになるシーンも人間くさくて(神だけど)面白い。

全体的にゆる~くて、適当ムード満載で、かなりツボです。電車とか公共の場で読むと笑いこらえるの大変かも。

次巻も楽しみ!

では。

呼出し一 レビュー

呼出し一(1) (モーニングKC)呼出し一(1) (モーニングKC)
(2010/07/23)
中村 明日美子

商品詳細を見る


相撲の主役は、力士だけじゃない。
今ドキ男子meets大相撲!!
塚地肇18歳と一カ月。人生初のカワイイ彼女ができました!
これから始まる彼女との甘い生活に胸ときめかせるが、相撲命の両親が肇の恋愛に待ったをかける!!
中村明日美子が“相撲界を支える裏方のエキスパート・呼出し”を描く角界ラブコメ第一巻!



これはおすすめです。面白いっ!!

相撲に興味がない肇くんが、生で観る相撲に圧倒され、相撲の魅力に引き込まれていく描写がとてもいいです。また、相撲狂の両親、国技館で出会った美人さん、固定ファンがつくほどのイケメン呼び出し仁弥、超かわいい彼女などなど、脇を固めるキャラクターも非常に魅力的です。

まったく相撲に興味がない肇が、どんな風に呼出しになっていくのか。早く続きが読みたい~!!と思わせてくれます。

今何かと話題の相撲界ですが、相撲に興味がある方もない方にも、ぜひ読んでほしい作品です。
相撲を扱った漫画は数あれ、呼出しをテーマとした漫画は斬新ですし、これを読むと相撲の見方が変わってくるかも…。

デザインや紙質も凝っており、中村明日美子の思い入れが詰まっている一冊だと思います。


とにもかくにも、中村明日美子の活動再開を、切に待ち望む気持ちが高まる作品でもありますね。


では。


ウツボラ 1巻 レビュー

ウツボラ(1) (F×COMICS)ウツボラ(1) (F×COMICS)
(2010/06/09)
中村明日美子

商品詳細を見る


私は 世界のさかいめが わからなくなった

謎の死を遂げた美少女「藤乃朱」。入れ替わるように、「朱」の双子の妹と名乗る少女「桜」が、作家・溝呂木の前に現れるも、彼女の正体は一切不明。
二人の点をつなぐ作家・溝呂木は、盗作に手を染め深い闇に追い詰められていく。
そして事件の謎を追う編集者と刑事たち。
彼らの間を蠢く謎は深まるばかり―。


「中村明日美子初のサイコ・サスペンス」と銘打たれた本作。
ここ最近、割とライトな作品を多く発表していた中村明日美子の作風とは打って変わり、静謐で、じわじわと浮かびあがる謎を丁寧に描きだしています。

中村明日美子は「目」に力のある画風ですが、この作品ではそれを効果的に用いていると思います。
一話目の導入部分、少女の目がゆっくり開いていくコマなど、一瞬でキャラクターの目に引き込まれてしまいます。

少女は一体何者なのか?という謎を最大のキーポイントとして、主人公を始めとする登場人物が、じわじわと繋がっていきます。
まだ一巻なので、伏線を大いに残した終わり方をしますが…続きが気になる~!


しかし…登場人物がなんでこんなに色気があるんでしょうね。
とくに桜の美少女っぷりはすさまじいですよ!



「中村明日美子=BL漫画」のイメージしかない方にもぜひ読んでほしい一冊です。


では。



<「ダブルミンツ」レビュー>

<「卒業生」レビュー>

<「あなたのためならどこまでも」レビュー>

激流血 感想

激流血~OVER BLEED~ 1 (ヤングガンガンコミックス)激流血~OVER BLEED~ 1 (ヤングガンガンコミックス)
(2008/07/25)
28ROUND

商品詳細を見る


「激流血」1巻の感想です。

…ホーリーランド?
てまっさきに思いました。

いじめられっこでひ弱、しかし実はすごい能力を秘めた主人公、主人公をサポートする友人、そして強いライバル、テーマはストリートファイト。

キャラのビジュアルもどことなく…。

保健室の美人先生が説明役なのが何とも。

絵は好みなんですけどね。

これからどうなるんだろう、この漫画…。

では。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。