ヨミコミ!

漫画のレビューしてます。青年漫画、BLが中心。成年漫画やアニメ感想なども。

完全版 サイコ工場Α線 谷口トモオ レビュー



レッツ ポジティブ シンキング!

前回に引き続き『サイコ工場』のレビューです。本当はこっちを先に読んだ方がいいのかな?
谷口トモオの全仕事を網羅した年表や、劇画狼によるコラムも収録されています。

こちらの作品集も、人がばんばか死に、ページに溢れんばかりの血、臓物、脳味噌…ですが、一部の作品は少しテイストが違っていたり(作者曰く「ヌルい」)と、バラエティ豊か。

個人的にお気に入りは『リサイクル』。
「このキャラクターを出す必然性は…」「構成とオチが…」云々の理屈を考えて漫画を読んでいるアナタ(私のこと)。
この漫画を読んで唖然とするが良い!
ガスマスクなどのアイコン、道中の荒廃した描写もろもろが文字通り「解体」され、ラストの1ページですよ。この入りからこのオチは誰も予想しないでしょう。

『Taxi』も爆笑しながら読みました。見開きひどすぎ!

ぜひ続刊も刊行していただきたいです。デビュー作も読んでみたいな…。

オススメ!


では。

↓よろしければ押していってください
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村


完全版 サイコ工場Ω線 谷口トモオ レビュー



一粒300リットル(血が)。

『魔術師A』に引き続き、劇画狼のエクストリームマンガ学園をキッカケに購入しました。

この単行本が発売された経緯についてはHPを見ていただく事として割愛しますが…
本当に面白すぎる!! ので、ぜひ谷口トモオにはまた漫画を描いてもらいたいです。
HP掲載の漫画を読んで、琴線に触れたならば間違いなく楽しめます。

どの短編も人がモリモリ死に、臓器や脳味噌がバンバン溢れ、ラストの一コマまで何が起こるか予測不能。
漫画(作品)を読む楽しみに溢れています。

ダウナーな雰囲気ではなく、むしろ爽快と感じるほどに清々しく人が死ぬので、読了後は何だかデトックス気分。
仕事に疲れた時、人生うまくいかないなと落ち込んでいる時、恋人に振られた時などに読むとハッピーになれる…かも。

個人的にお気に入りは『FEVER』。怒涛の展開に爆笑。勢いとオチのキレが最高です。


では。



↓よろしければ押していってください
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村


ペリリュー -楽園のゲルニカ- 1~3巻 武田一義 レビュー








昭和19年、夏。

太平洋戦争末期のペリリュー島に漫画家志望の兵士、田丸はいた。
そこはサンゴ礁の海に囲まれ、美しい森に覆われた楽園。そして日米合わせて5万人の兵士が殺し合う狂気の戦場。
当時、東洋一と謳われた飛行場奪取を目的に襲い掛かる米軍の精鋭4万。
迎え撃つは“徹底持久”を命じられた日本軍守備隊1万。祖国から遠く離れた小さな島で、彼らは何のために戦い、何を思い生きたのか―!?
“戦争”の時代に生きた若者の“日常”。長く忘れ去られた“真実”の記録。



一兵士の目線から見た戦場のリアルを、徹底的に描いた本作。感情論的な演出はまったくもってされておらず、淡々とした容赦のない描写を積み重ねています。

『太平洋戦争』がどういう戦争で、この作品の舞台である『ペリリュー島』はどういう場所なのか…等の知識は調べたら色々と出てくるので割愛します…が、
飢えに苦しみ、熱さ、湿気に苦しむ日々。
あっけなく死んでいく仲間たち。その死にざまも、けっして華々しいものなどではないという報われなさ、やるせなさ。

カワイイ絵柄と、冷酷な描写はあまりにもギャップがありすぎて、余計にコワいです。

3巻でもうすでに11月24日なんですよね…。
これからの展開も見守っていきたいです。


<おまけ>
アメリカ側からの視点で描かれた作品では、ドラマ『ザ・パシフィック』やその原作『ペリリュー・沖縄戦記』などがあります。





かなりオススメなので、興味がありましたら是非。




では。


↓よろしければ押していってください
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村





さよならガールフレンド 高野雀 レビュー

さよならガールフレンド (Feelコミックス FC SWING)さよならガールフレンド (Feelコミックス FC SWING)
(2015/01/08)
高野 雀

商品詳細を見る


そうして何も出来ずに ひっそりずっと好きでいる

セックスばかりしたがるうざったい彼氏。噂話しかゴラクのないクラスメイト。この町の人間が嫌いな母。
ここは、どんづまりの小さな町。
色んなことに嫌気がさしてた高校3年の夏―――
ちほは、自分の彼氏と「ヤった」らしい“ビッチ先輩”と出会い…?


膿のようにたまる厭世感。抜け出したいけど生き方はそうそう変えられない。
そんな、日常生活にひっそり嫌気が差している彼女・彼らが一瞬感じる光。

誰かにとっては取るに足りないことでも、本人たちには大事な出来事。
そんな瞬間を切り取った短編集です。

個人的には「さよならガールフレンド」も良いですが「まぼろしチアノーゼ」が良かったです。胸糞悪かったという評価があったらしいですが(笑)、なんでもないことがちょっとした救いになる、そんなラストが秀逸でした。

オススメ!!

では。

SK8R'S (スケーターズ) 1、2巻 トジツキハジメ

SK8R’S 1 (ビッグコミックス)SK8R’S 1 (ビッグコミックス)
(2014/03/28)
トジツキ ハジメ

商品詳細を見る


SK8R’S 2 (ビッグコミックス)SK8R’S 2 (ビッグコミックス)
(2014/10/30)
トジツキ ハジメ

商品詳細を見る


小学生のアキオを一瞬で夢中にさせたのは、プロスケーターの師匠が見せた、「オーリー」という技。
浮遊感と、無重力。そこから広がる無限の可能性。
いつかは師匠に、そして世界に届くようにと、アキオは今日も、高く高く跳ぶ。



超!!カッコいい!!

とある少年がスケボーに魅せられ、コツコツと技を磨いていく。
マイメン(親友的な意味)と出会い、ウェブ上で技を披露し、評判が上がっていき、雑誌に取り上げられ、ついに大会出場。
スケボーと主人公を引き合わせた「師匠」の登場で2巻終了。あ~続き早く読みたい。

技のシーン(だいたい一枚絵でビシッと見せる描き方)がめちゃくちゃカッコよくて、鳥肌立つくらい。
主人公はまだ無名なんだけど、技の完成度がすごく高いようなので、3巻の大会でその技がいろいろ見られるのかな?

スケボーはよく知らないんだけど、主人公の言葉「用意された遊び場じゃなくて、スケート一枚で街を無限にクリエートする」に目から鱗が落ちた。ナルホド……。スポーツではない、らしいので、やっぱカルチャーの意味合いが強いのかな。

無駄に熱くない演出もカッコいい。

とにかく、スケボー知らない人も知ってる人も痺れる漫画。ストリート系のファッションも細かく描写されてて、そこを見るのも楽しい。スケボー女子も可愛い。

では。

次のページ

FC2Ad