ヨミコミ!

漫画のレビューしてます。青年漫画、BLが中心。成年漫画やアニメ感想なども。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンティストッキングのような空の下 レビュー

あまぞん

作者の考えを押しつけられる作品は苦手だ。メッセージ性が嫌いというわけでもないが、もし訴えたいことがあるなら直截的に描かず、暗喩として物語に組み込んで欲しい。それを感じ取りたい。俺はこう思う、私はこう思う、などと声高に訴えられても、ゲンナリしてしまうだけだ。それならノンフィクションを見るよ。私が漫画で読みたいのはそういうんじゃないんだ……と思う。

この単行本も作品によってゲンナリ度は上がったり下がったりしたが、作者の考えがちらつく場面が多く、聞いてもいない自論を延々と聞かされている気分になった。

特に描き下ろしの『平成の大飢餓予告編』だよ。こういう話題を漫画で持ち出すのはどうなのか。ギャグやパロディなら苦笑で済むが、真面目に描いてるのが分かるぶんいたたまれなかった。あの見開きは、正直イタイぞ。

『渡辺くんのいる風景』という作品はまだ良かった。作品と作者の距離がうまく取れていたので読めたが、他の作品はやはり作品と作者がベッタリくっつきすぎていた。
『唯一者たち』は最たるもので、いろいろ都合よすぎ。あんまり都合いいから、実は女の子が主人公にしか見えない天使のような存在かと思ってたら(絵柄も若干違っていたので)、そんなことなかったし。

あとがきでも分かるように、なんか自分の主張する世界に浸りすぎているような。もう少し作品と自分を離してみたほうがいいのではないか。


あ、装丁はすごく良かった。ジャケ買いしたもんね。
スポンサーサイト

よつばと13巻 ほか

あまぞん

よつばと13巻!!!

あ~どれほど待ったと思ってんだ~ 待ちくたびれたぞ~
ってわけで風邪気味で早く帰ればいいもののゲットしてきました。

今回の目玉はなんといってもばーちゃん。初登場。今まで電話やよつばととーちゃんの会話でのみ出てきていたんだけど、今巻でやっとご尊顔を拝めました。
おしゃれでカッコイイ……。ひょうひょうとした感じはとーちゃんに通じるものがあるな。

そんでとーちゃんの本名もサラッと初登場。小岩井葉介……いい名前……。

ふーかがネコとビニール袋を間違うとこや、よつばの正座などクスッとできるところもたくさんあり、充実した内容でした。読み終わるのがもったいないよ~。

ばーちゃんも出てきたし、これからは小岩井家のネタも増えてくるのかな?なにやら新しい名前も出てきたし…とーちゃんの妹か姉?

とゆうかやんだの顔がなんか違ってきたような(笑)、こんなくっきりした顔だったっけ?

あ~次回はいつ発売だろ、気長に待つ作業に戻るか。


あと最近読んだのは

変ゼミ10、11巻

あまぞん

秋津2巻

あまぞん


両方とも終わってしまった……。

変ゼミは期待していたようにナナコとコムギがついに~だったけどやはり変ゼミイズムで締め。新キャラももーちょっと掘り下げたところが見たかったけどな。マリヤちゃんとか。

秋津はやはりめちゃくちゃ面白かった。この作者はラストシーンが秀逸。

あとは

湯神くんには友達がいない

がすごい面白い。

キャラクターは色々いるんだけど、本当に湯神くんと友達にならない(笑)距離感を描くのがうまい。良い話にしそうでしない客観的な目線とか。この作者は人間の微妙な感情とかうやむやにしている所をちゃんと掴めて表現してるな~という感じ。言うなればよしながふみ的な。

まだ集め途中だけど早く揃えたいな~

では。

忘却のサチコ 1巻 阿部潤 レビュー

忘却のサチコ 1 (ビッグコミックス)忘却のサチコ 1 (ビッグコミックス)
(2014/12/26)
阿部 潤

商品詳細を見る


うまかっ…た…

佐々木幸子、29歳。職業、文芸誌編集者。
仕事は順調、結婚も決まり、これまで完璧な人生を送ってきた。
あの日までは…!

おいしいものを食べた時に得られる“忘却の瞬間”を求めて、ありとあらゆる美食を追いかける!!
絶品グルメ・コメディー、開幕!!


最近カワイ子ちゃんがご飯を食べる漫画が多いですね。流行りなのかな。

真面目にご飯を食べ、真面目に美味しさを噛みしめる。
美味しさに浸るためには、あらゆる努力を惜しまない。

主人公のキャラクターが最大のポイントです。造形は巨乳のカワイ子ちゃんなのだけど、愚直というかクソ真面目というか、ちょっと…いやかなり、変わってます。常に指先までピーンとしてて、姿勢が良い。

こんな彼女だからこそ、食べることにも全力投球。

主人公の真面目キャラゆえの突飛な行動(本人は無自覚)もかなり面白いです。

さて、今まで食を重要視してこなかった彼女が、食に目覚めたきっかけが、かな~り悲しい事件なのですが…。
この辺の種明かしも、楽しみです。

1巻の中では、『飯ッション イン ポッシブル』がお気に入りです。

これはオススメ!

では。

からっぽダンス 1巻 阿弥陀しずく

からっぽダンス 1 (Feelコミックス FC SWING)からっぽダンス 1 (Feelコミックス FC SWING)
(2015/01/24)
阿弥陀しずく

商品詳細を見る


久我さんはなんで いっつもふられるんだろうね

惚れる→追いかけ回す→フラれる
の3連コンボを繰り返すストーカー警官・久我が出会ったのは 片想いに破れたばかりの美人OL・月島さん。

さっそく近づきデートに誘ってみたら、彼女に連れて行かれたのは女だらけの東京ドーム。
そして爆音と共に始まったのは男性アイドルのコンサートで――!?

ストーカー警官とドルオタ残念美人のじれっじれラブコメ!!



モテるけれども女性と長続きせず、別れる時はいつも散々なフラれ方をするイケメン警官と、恋愛に疎く、美人だけど知らず知らずに周囲を遠ざけてしまっているOLのスローテンポな恋愛を描いています。

久我も月島もどこかちょっとズレていて、微妙に会話のテンポが噛みあわないところとか、久我が無頓着なところなど、笑えるエピソードが多くあり、楽しく読めます。

アイドルコンサートに初めて参戦した久我のオロオロっぷりが最高に面白かったです。「ナウシカみてえ!」は笑った。

物語全体の雰囲気は優しくてのんびりしているんですが、月島が失恋する(言い換えれば、失恋に気づく)エピソードや、月島の過去の合コンでのエピソードなど、ドキリと胸に刺さるような箇所もあり、恋愛物語とはいえ、真摯なキャラクターの切り取り方が上手いです。

7話のラストは良かったなー。そのあとの脱力した会話も。

1巻で月島がだいぶ掘り下げられたけど、久我のほうはあまり肉付けされていないので、その辺も後々読めるのかな。
かなり押せ押せ&ズレてるから、彼女にすぐフラれる、ってのは分かるけど、それだけなのかな?

続きが楽しみ! タイトルの意味も気になります。

では。

奥浩哉 いぬやしき 1巻 レビュー

いぬやしき(1) (イブニングKC)いぬやしき(1) (イブニングKC)
(2014/05/23)
奥 浩哉

商品詳細を見る


うん、面白い!! まだ序章…って雰囲気だけど、ワクワクが止まらない。

主人公が58歳(もっと老けて見えるけど)ってのも良い。

どんな方向に話が進んでいくのか…。とりあえず1巻の山場、悪ガキたちを粛清したシーンは胸がスカッとした。

あと、自分の漫画をディスるシーンは…。あれ、いる?笑
作者自身、気にしてんのかな?w


では。

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。