ヨミコミ!

漫画のレビューしてます。青年漫画、BLが中心。成年漫画やアニメ感想なども。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映像研には手を出すな! 1~2巻 大童澄瞳 レビュー





浅草みどりはアニメ制作がやりたいが、一人では一歩が踏み出せない。そんな折、同級生のカリスマ読モ、水崎ツバメと出会い、実は水崎もアニメーター志望なことが判明し…!?
金儲け大好きな美脚の金森さやかも加わって、「最強の世界」を実現すべく電撃3人娘の快進撃が始まる!!!


稀有な読書体験。
お話はアニメ制作に猪突猛進な同好会、というものだけれど、アプローチ次第でこうも風変わりな話になるんですね。

作者のフェチ全開なメカ、風景描写などなどが目白押し、白眉はやはり毎話挿入される詳細な設定の見開きでしょう。

シームレスに妄想と現実を行ったり来たりする展開の中、話の流れもなんのそのと言う感じで見開きドーン。最初は驚きつつ読んでいたんですが、そのうちにこの見開きが楽しみになってきます。

1ページの情報量が多いせいか、かなり…読みにくいです。…少なくとも、私は読みづらいなーと思いました。
台詞回しや演出など、かなりアクが強い部類の作品なのは間違いないです。

ですが、フェティシズムが滴り落ちんばかりの画面は眺めているだけでも楽しい。

個人的には金森のヴィジュアルが最高に好き! です。大きくて目つきが悪い女の子は良いですね。

脳に負荷がかかる漫画を読みたい方に、オススメ!


では。



↓よろしければ押していってください
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

完全版 サイコ工場Α線 谷口トモオ レビュー



レッツ ポジティブ シンキング!

前回に引き続き『サイコ工場』のレビューです。本当はこっちを先に読んだ方がいいのかな?
谷口トモオの全仕事を網羅した年表や、劇画狼によるコラムも収録されています。

こちらの作品集も、人がばんばか死に、ページに溢れんばかりの血、臓物、脳味噌…ですが、一部の作品は少しテイストが違っていたり(作者曰く「ヌルい」)と、バラエティ豊か。

個人的にお気に入りは『リサイクル』。
「このキャラクターを出す必然性は…」「構成とオチが…」云々の理屈を考えて漫画を読んでいるアナタ(私のこと)。
この漫画を読んで唖然とするが良い!
ガスマスクなどのアイコン、道中の荒廃した描写もろもろが文字通り「解体」され、ラストの1ページですよ。この入りからこのオチは誰も予想しないでしょう。

『Taxi』も爆笑しながら読みました。見開きひどすぎ!

ぜひ続刊も刊行していただきたいです。デビュー作も読んでみたいな…。

オススメ!


では。

↓よろしければ押していってください
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村


完全版 サイコ工場Ω線 谷口トモオ レビュー



一粒300リットル(血が)。

『魔術師A』に引き続き、劇画狼のエクストリームマンガ学園をキッカケに購入しました。

この単行本が発売された経緯についてはHPを見ていただく事として割愛しますが…
本当に面白すぎる!! ので、ぜひ谷口トモオにはまた漫画を描いてもらいたいです。
HP掲載の漫画を読んで、琴線に触れたならば間違いなく楽しめます。

どの短編も人がモリモリ死に、臓器や脳味噌がバンバン溢れ、ラストの一コマまで何が起こるか予測不能。
漫画(作品)を読む楽しみに溢れています。

ダウナーな雰囲気ではなく、むしろ爽快と感じるほどに清々しく人が死ぬので、読了後は何だかデトックス気分。
仕事に疲れた時、人生うまくいかないなと落ち込んでいる時、恋人に振られた時などに読むとハッピーになれる…かも。

個人的にお気に入りは『FEVER』。怒涛の展開に爆笑。勢いとオチのキレが最高です。


では。



↓よろしければ押していってください
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村


魔術師A 意志強ナツ子 レビュー



私はどこにでも行けるけど 君たちはどこにも行けないからね

ビデオショップの奥、ホテルの浴室、夜の美術室、土管の陰、祈祷サークル……
禁忌(タブー)を踏み越えた女子高生たちが迷い込んだ、目を背けたくなるほどの『美』の世界。


劇画狼のエクストリームマンガ学園』にて紹介されていたのがキッカケで、購入してみました。

キャワユイ絵柄だけれど、登場人物の目はみな虚ろ。そんな絵柄で丁寧に描きだされるのは、
『「自分だけは特別だ」って思ってるけど、所詮アナタもその他大勢の中の一人だよ?』
という冷徹な視線。

私も、あの人も、もしかしたらこの人も、「自分だけが分かってる」「自分だけが気付いている」と思い込んでいるかもしれない。このアホみたいな世界で、自分だけ冷静に、周りが見えている、と……
そう、あなたが思うような事は、皆思ってるんだよ……っと、どの作品もガンガンにぶつけてきます。痛い痛い痛い。分かったからヤメテ~。

「意志強ナツ子って変わってるペンネーム! 漫画もすげー! この作品を理解できるのって私だけじゃね? 分かる人には分かる作品なんだよね~! まあ、万人にはオススメできないかもな?」
……なんつって、この作品を読んでいる人にも膝カックンしてくるようです。
皆そう思ってるんだよ」……と。

それはタイトルにも象徴されています。「魔術師」じゃなくて「魔術師A」。Aさん(仮名)みたいな感じですかね。

ただ、自分に還元してくる創作の世界で、こういう真摯な視点を持ってしまっていると、創作もなかなかシンドイんじゃないかなーなんて思ってしまいます。
ゆっくり描いてもらって、そんで、ゆくゆくは商業BLを描いてくれ(本音)。

この漫画を読み終わった後、どこかで同じような気持ちになった経験あるな~と思ったら、大槻ケンヂの『林檎もぎれビーム!』を聴いた時でした。ぜひ皆さんも聴いてみてください。

読もうかどうしようか迷っている方、トーチWebで単行本収録作品が読めますので参考にしてみては。

個人的お気に入りは『まこちゃん式画塾』です。冷や水ぶっかけられレベル、純度100パーセント。


万人にはすすめられないけど~……(言っちゃってる)
オススメ!


では。



↓よろしければ押していってください
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村


私と彼女のお泊まり映画 1~2巻  安田剛助 レビュー





今夜、キミと ふたりで観る映画。

毎週末、「お泊まり映画鑑賞会」を開催している佐藤小春と黒澤麻由美。そんな仲良し女子大生たちの、ふたりだけのヒミツの映画トーク。

毎週金曜日、小春は麻由美の部屋を訪れ、映画鑑賞会をする。仲良しふたりの、ゆるゆるな時間が描かれています。

映画のチョイスも「麻由美が好きそうなもの」から「気分」「ジャケットで選ぶ」などなど、映画そのものを楽しもうとしているのは勿論ですが、『一緒に観ている人にも楽しんでもらいたい』って気持ちが強いんですよね。
ふたりが、どれだけこの金曜日を心待ちにしているのか分かります。

核心をつかないようにしているやり取りは結構リアルで、ふわふわした雰囲気の中にはかなりの独占欲も見え隠れしていたり。
ふたりの交わす「それっぽい」会話が何ともタマラナイです。

オススメ!

では。



↓よろしければ押していってください
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村


次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。